プルーンの苗木の植え方(継ぎ方)について

最近では、スーパーや直売所でもプルーンを見かけることが

多くなってきました。プルーンは美味しく、体に良い成分を

沢山含んでいます。



そんなプルーンを自分で育ててみませんか。


                                             管理人

プルーンの苗木の植え方(継ぎ方)

プルーンの苗を植える際のポイントは、まず健康な苗を選ぶ
ことから。元気で根の多い、丈夫な苗を用意しましょう。


植え付け時期は秋または春で、栽培エリアによって異なりま
す。関東より西は11〜12月初旬に、またそれより東の比
較的寒いエリアでは厳寒期を過ぎた3月初旬頃が良いでしょ
う。


大きめの植え穴が好ましいので、スペースが許すようであれ
ば50cm〜1m四方、深さは30から50cm程度を目安
に準備をしておきます。


鉢植えで育てる場合には6から8号サイズの鉢に斜めに植え
付けます。


土は地植えの場合【腐葉土3:庭土7+油かすを3握り程度】、
鉢植えの場合【赤玉土6:腐葉土3:砂1】の割合で作って
なじませておきます。


根の先端を綺麗に整えてから、あまり深植えになりすぎない
よう気をつけて植えて行きます。


苗木の切り返しとして、全長の半分程度、目安として地上50
〜60cm程度になるようにカットしましょう。


プルーンは地植えの場合樹高2m以上に育ちますが、鉢植えの
場合には鉢の高さの3倍程度の高さになるように仕立てて行
きます。


この場合、収穫数は5〜6個が目安です。


プルーンは日当たりが良く、風通しの良い場所を好みますの
で、土植えの場合はそのような場所を探しておきましょう。


スポンサード リンク