プルーンの育て方  ―苗木・剪定・消毒・肥料―

最近では、スーパーや直売所でもプルーンを見かけることが

多くなってきました。プルーンは美味しく、体に良い成分を

沢山含んでいます。



そんなプルーンを自分で育ててみませんか。


                                             管理人

プルーンの年間作業

プルーンとは、意外に思われるかもしれませんが、バラ科サ
クラ属の果樹で、和名をセイヨウスモモと言います。


ヨーロッパ東部〜アジア西部を原産としたスモモの一種で乾
果に適しており、日本では一般的にドライフルーツやシロッ
プとして食されています。


■冬〜春■
晩秋から冬の内に植え付けをし、4月頃には桜に似た形の白
く可愛らしい花を楽しむこともできます。


■夏〜冬■
8〜9月上旬の夏場に収穫期を迎え、完全に落葉した12〜
2月頃に剪定をします。果樹としては珍しく、樹に成らせた
まま完熟させます。


結実は早いものの、夏場に雨の多い気候は苦手としており、
ニホンスモモ(プラム)に比べるとあまり家庭栽培向きとは
言えず、地域によっては細やかな手入れが必要となります。


最近では自家結実する品種も多く出回っていますが、出来れ
ば受粉樹として2品種をあわせて植えるのがおすすめです。


まだあまり一般的でない「家庭でのプルーン栽培」ですが、
その実が成って行く様子は非常に感動的ですし、普段中々味
わうことの無い「生のプルーン」は格別です。


ぜひ挑戦してみてくださいね。


スポンサード リンク